保険について考えよう



医療保険についての記事

医療保険には、健康保険、共済組合保険、船員保険、国民健康保険、後期高齢者医療保険の種類があります。家族の代表者が医療保険に入っていて、それ以外の家族は被扶養者として代表者の保険に入っていることもあります。健康保険はおもに会社関係の医療保険、国民健康保険はおもに自営業者などが対象の保険です。後期高齢者医療保険というのは、75歳以上の人や、65歳から74歳であっても特定の障害をもっている人が対象となります。

医療保険は、基本的にはすべての人が加入し、全員が少しずつお金を出し合って助け合う仕組みですが、なかには保険の対象外になったりするケースがあります。たとえば、単なる疲労や倦怠、美容整形、正常な妊娠と出産、健康診断、予防注射などがそれにあたります。さらに、故意に起こした犯罪によるけがや、けんかや酔っ払いなどによるけがなどは保険の給付が制限されますし、医師の指示に従わずにトラブルのもととなったときも、給付を断られたりします。海外で治療が必要だったときは、帰国してから加入する医療保険へ診療内容証明書を添付して支給の申請を行えば、支払った費用を日本の準額に従って払い戻しを受けることができます。その際、添付する書類が外国語であった場合には日本語の翻訳文を付けなければいけません。

医療保険は全員が必要とする大切なものなので、その詳細を正しく理解する必要があります。