保険について考えよう



いろいろ健康保険について考えてみました

体の調子がよいということは幸せなことです。健康保険の充実があるからこそ、健康を維持できるのではないかと思います。今はいろいろと見直しを考えられていますが、高齢者が病院に通うのは仕方がないと思います。どうしても体で悪いところがでてくると思うのです。国の負担も大きくなりますが、どのようにしたらよいか今問題になっています。誰もが健康を維持できるためには、どのようにしていけばいいのかなと思ってしまいます。年齢を問わず収入が多い人には費用負担を大きくするのはどうかなと思ってしまいます。若いうちはあまり病気になることもないので、若いうちは費用の負担を大きくするのもよいと思います。定期的に通院が必要な人には費用の負担を軽くするとよいのではないかと思うのです。

乳幼児も費用の負担を少なくすると安心して子育てができると思います。病の種類によって費用の負担を変えるのもよいかもしれません。風邪などは費用の負担を高くするとよいかもしれません。細かくいろいろ考えて、誰もが利用しやすくなるように考えていかないといけないと思います。細かくいろいろ設定していくと、高齢者も若い人もきっと納得のいく医療を受けることができるのではないかと思ってしまいます。